バイナリーオプション初心者のためのMQL言語入門【Part3】-四角い枠線の作り方-

MQL4

こんにちはCarcanoです。

昨日は英国・米国が休場ということもあり

ボラがなくなかなかいい形がこずでした・・・

私みたいなヘタクソには難しい相場でエントリーできずでした。

さて、今回はMQL入門シリーズPart3ということで

四角い枠線を描くコードを書いていこうと思います。

こちらは結構応用が利くので覚えておいて損はないと思います。

バイナリーオプション初心者のためのMQL言語入門【Part3】-四角い枠線の作り方-

 

完成したものはこちらになります。

黄色の四角形 赤の四角形に白い枠線 白い枠線のみ といったものになります。

これを用いれば枠内の色が変わるインジを作成したりと応用ができます。

応用例は私の案件から実例をもとに後半にお見せしますので、

是非最後まで読んで、一緒にコードを書いていってみてください!

コード全文

 

今回もすべてOnInit()内にすべて書き込んでいくことになります。

 

ObjectCreate(0, “1”, OBJ_RECTANGLE_LABEL, 0, 0, 0);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_CORNER, CORNER_RIGHT_UPPER);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_XDISTANCE, 200);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_YDISTANCE, 100);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_XSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_YSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “1”,OBJPROP_BACK,true);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_BGCOLOR, Yellow);

ObjectCreate(0, “2”, OBJ_RECTANGLE_LABEL, 0, 0, 0);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_CORNER, CORNER_RIGHT_UPPER);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_XDISTANCE, 350);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_YDISTANCE, 100);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_XSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_YSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “2”,OBJPROP_BACK,true);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_BGCOLOR, Red);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_BORDER_TYPE, BORDER_FLAT);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_COLOR, White);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_STYLE, STYLE_SOLID);
ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_WIDTH, 2);

ObjectCreate(0, “3”, OBJ_RECTANGLE_LABEL, 0, 0, 0);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_CORNER, CORNER_RIGHT_UPPER);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_XDISTANCE, 500);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_YDISTANCE, 100);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_XSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_YSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “3”,OBJPROP_BACK,true);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_BGCOLOR, Black);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_BORDER_TYPE, BORDER_FLAT);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_COLOR, White);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_STYLE, STYLE_SOLID);
ObjectSetInteger(0, “3”, OBJPROP_WIDTH, 2);

今回使用する関数

 

ObjectCreate()

ObjectSetInteger() こちらの2つになります。

ObjectCreate()に関しては前回の記事をご覧ください。

バイナリーオプション初心者のためのMQL言語入門【Part2】-色々なオブジェクトを書いてみよう-
バイナリーオプション初心者のためのMQL言語入門【Part2】今回は前回の少し続きで、色々なオブジェクトを描く方法を解説していこうと思います。コードの解説を交えながら解説していくので最後までご覧ください。

ObjectSetInteger()

 

ここでは位置・色・大きさなどを設定していくこととなります。

 

ObjectCreate(0, “1”, OBJ_RECTANGLE_LABEL, 0, 0, 0);

オブジェクトの番号「0」, オブジェクト名「 1」, 長方形を作成, オブジェクトの位置を「0.0.0」に設定。

ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_CORNER, CORNER_RIGHT_UPPER);

こちらではオブジェクトの原点をどの位置にするか設定していきます。

今回は右上に設定しました。

ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_XDISTANCE, 200);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_YDISTANCE, 100);

設定した原点の位置からX軸、Y軸にどれだけ移動させるか設定します。

ここでは右上の位置からX軸に200.つまり左に200px移動させた位置。

Y軸に100、つまり下方向に100px移動させる設定をしました。

ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_XSIZE, 100);
ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_YSIZE, 100);

こちらで図形の大きさを指定します。

先ほど移動させてた位置が始点となるため

X軸(右に)100px、Y軸(下に)100pxの正方形を描くことになります。

ObjectSetInteger(0, “1”,OBJPROP_BACK,true);

ここでは背景を透かすかどうかの設定をします。

ローソク足が透けて見えるようにするため true としています。

ObjectSetInteger(0, “1”, OBJPROP_BGCOLOR, Yellow);

こちらでは背景色の設定をします。

オブジェクト1(画像一番右の□)は黄色に設定しました。

枠線のみを表現したい場合、背景色と同色にすると良いでしょう。

 

ここまでが基本的な四角形を表現するコードになります。

 

次は枠線をどのように表現すればよいかですが、

そちらを表現するコードが以下の物になります。

オブジェクト2 3 で同じものを使用しているので説明は2の方で行います。

ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_BORDER_TYPE, BORDER_FLAT);

こちらでは線のタイプを設定します。

今回は BORDER_FLAT とします。

ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_COLOR, White);

線の色の設定をします。今回は白を。

チャートの背景色に合わせてお好みの色に変更してあげると良いでしょう。

ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_STYLE, STYLE_SOLID);

線種の設定をします。

今回は STYLE_SOLID 実線としました。

ObjectSetInteger(0, “2”, OBJPROP_WIDTH, 2);

線の太さを設定します。今回は2としました。

 

最後にコンパイルをします

 

エラーがなく冒頭で示した画像の様になっていれば完成です。

エラーが出てしまった場合はスペースが全角になっていないか等確認しましょう。

それでもダメな場合は冒頭のコード全文太字部分をコピーしてコンパイルしてみてください。

まとめ

 

今回は四角形と枠付きの四角形を作ってみました。

こちらを応用していけばこのようなものも作れるようになります。

 

 

条件を満たしたときに点灯するインジですが、このような応用もでき表現の幅が広がりますので

是非実践してみてください!

それではまた次回!

 

 

【定期】

エントリー箇所などの質問、自身のエントリー箇所に対する意見が欲しい方は

TwitterのDMまでお願い致します。

私の目線でしかお答えできませんが、その中でお答えできたらと思っております。

その他記事のリクエストなんかも受け付けてますのでリクエストがあればどうぞ。

記事下にあるTwitterアイコンボタンを押していただければ私のTwitterに飛びます。

 

お仕事の依頼、トレードの役に立つための考え方や言語化の方法、

今回の記事でMQLを学んでみたいという方、バックテストを取れるようになりたい方は

下記ココナラのリンクよりお願い致します。

バイナリー・FX バックテストの取り方教えます 初心者の方でも必ず取れるようになります!(残り1枠)|バイナリーオプションの相談 | ココナラ
【本講座内容】 ・ソースコードを配布と動画による解説 ・24hチャットでの質問受付。(寝ている時は対応不可能です笑) ・「基本的なインジケータを使用してバックテスト...

 

MQL4
Carcanoをフォローする
底辺トレーダーによる バイナリーオプション FX 奮闘記

コメント