バイナリーオプション-勝率80%~90%サインツールに騙されるな!-

バイナリーオプション

こんにちはCarcanoです。

休日は今週の取引の振り返り、そして新たな気づきの検証を皆さん行っていることと思います。

今回は勝率80-90%を謳っているサインツールの実態についてお話していこうと思います。

私はサインツール作成も依頼されますが、そのノウハウがマーチンであった場合、依頼はお断りしております。

その理由もこの記事でお話していこうと思います。

80-90%のサインツール。夢がある話ですが、実態はいかに??

詐欺商材に騙されないために、この記事でもっと知識をつけて自分の身を守りましょう!

勝率80%~90%サインツールの実態

 

まず認識してほしいことは、

この界隈に存在している勝率80%~90%サインツールの実態は

マーチン込みの勝率だという事です。

まずマーチンって何ぞや?という人のためにざっくりと説明します。

マーチンゲール法とは?

 

そもそもマーチンゲール法はカジノのギャンブルで使用される方法です。

簡単に説明しますと、最初は1000円で賭けるとします

負けた場合2000円で、その次も負けた場合4000円と掛金を倍にしていき損失を取り戻すという手法になります。

まず、取引金額の上限があるバイナリーにおいてマーチンは必勝法なんかではないという事を理解してください。

これはある意味いつか勝てるという考え方なので資金が死ぬほどある人にとっては必勝法かもしれません。

バイナリーにおいては、引き分けが負けになったり、取引金額の上限から、

倍々で賭けていってもいつかは上限が来ます。

 

例えば、

バイナリーのハイローの1bet20万までマーチンできるルールとした場合を考えてみましょう。

1000円betスタートでマーチン1回目は2000円、2回目は4000円、としていったとき

7回目で128,000円 8回で256,000円となり、7回マーチンが可能となります。

この時ハイロー口座には合計255,000円入っている必要があります。

流石に7回目で勝てるじゃんと思っているそこのあなた、

陽線連続7本、陰線連続7本なんてざらに起こりますし、

そもそもこの回数までマーチンできる精神力をお持ちの方は居ないでしょうし、居たとしたら病気だと思います。笑

数年単位での勝率を60-70%出すのもなかなか大変ですよという事

 

MQLを少しは勉強しておりインジを作成したことがある方ならわかるとは思いますが、

そもそも単発エントリーで80%なんて勝率を出すサインツールを作ることはほぼ無理でしょう。

サインツールにする場合、1日に最低でも各通貨3-5回はサインが欲しいですし、

そうなった場合フィルターはあまりかけることはできません。

フィルターをかければ勝率は上がりますがサインの回数は減ります。

それではサインツールの意味がないので実用的ではありません。

良いノウハウというのは回数と勝率のバランスがいいものという事ですね。

 

また都合のいいように24時間以内48時間以内の勝率として出している物もたまに見ますが

これから投資で稼いでいくときに1週間の利益よりも、1か月、1年で利益がしっかりと出ていることが必要になってきます。

まぁ一概に間違っているとも言えませんが私個人の見解では年単位でしっかりと利益が出ている方が良いと考えています。

マーチンしている人は損益分岐を理解できていない

 

まずマーチン前提のノウハウってなんだよって話です。笑

そもそもマーチンしている時点で相場の流れを見誤っていることを自覚した方が良いです。

それなのに、マーチン勝率90%なんて恥ずかしくて私なら言えません・・・

しかもそのようなツールを売っている商材に限って損益分岐下回っている勝率を宣伝していてアホかとなるわけです。

しかし、勝率の所しか見れない人たちはそれが高いと勘違いして購入してしまうわけですね。

 

まずバイナリーにおける損益分岐としては、勝率54%あればプラスにはなります。(厳密にはもう少し細かいですが・・・)

ではマーチンしたときの損益分岐がプラスになるための勝率はいくら必要なのでしょうか。

ここではざっくりお話ししますが、もっと詳しく知りたいという方は

「マーチンゲール法 損益分岐」などで検索すると詳しく解説してくれている記事がいくつもありますので是非。

にもかかわらず未だにマーチンを続けている人がいるのが信じられません・・・

 

それはさておき、結論からお話しすると、

1マーチンで損益がプラスになるロジック単体の勝率は80%以上です。

2マーチンでは90%3マーチンでは94%ほど必要となってきます。

例えばですが2マーチンで85%のサインツールが売っていたとすると、

それは使い物にならないゴミということになります。

このような事、調べればすぐに出てくるのに調べもせず勝率だけ見て すごい!高い!勝てる!

となっている人がいる限り悪質商材屋の懐は潤い続けます。

正直自分で調べることもせず脳死している人はいつまでも勝てず、そいつらの養分になり続けることでしょう。

養分を脱したいという方は、損益分岐と、期待値について理解を深めましょう。

期待値についてはこちらの記事でお話ししていますので参考までに、

バイナリーオプション-初心者・負け続けている方必見!期待値という考え方-
週も半ばに来ましたが取引の方はどうでしょうか。 今回は初心者はもちろんバイナリーをやってはいるけどなかなか結果が出ない、 という方に向けて期待値のお話をしていこうかと思います。 この考え方は非常に重要ですので、是非最後まで読んでください。 最後に昨日のエントリー箇所も公開します。

まとめ

 

マーチンはしないほうがいいというのが結論です。

何よりマーチンは連敗でのリスクが大きいので少額の資金でやっている方は行わないほうが良いでしょう。

商材購入検討している方は、販売者にそもそもマーチン込みなのか、何マーチンでの勝率か確認取ってみると、

損益分岐マイナスかプラスか、ご自身で確認できると思います。

この記事でマーチン、損益分岐に対する理解が少しでも皆様のお役に立てたなら幸いです。

それではまた次回!

 

 

【定期】

エントリー箇所などの質問、自身のエントリー箇所に対する意見が欲しい方は

TwitterのDMまでお願い致します。

私の目線でしかお答えできませんが、その中でお答えできたらと思っております。

その他記事のリクエストなんかも受け付けてますのでリクエストがあればどうぞ。

記事下にあるTwitterアイコンボタンを押していただければ私のTwitterに飛びます。

 

お仕事の依頼、トレードの役に立つための考え方や言語化の方法、

バックテスト講座に関するお問い合わせは下記ココナラのリンクよりお願い致します。

バイナリー・FX バックテストの取り方教えます 初心者の方でも必ず取れるようになります!(残り1枠)|バイナリーオプションの相談 | ココナラ
【本講座内容】 ・ソースコードを配布と動画による解説 ・24hチャットでの質問受付。(寝ている時は対応不可能です笑) ・「基本的なインジケータを使用してバックテスト...

 

 

コメント