バイナリーオプション取引日記【7】-勝ちパターン負けパターンを知ることが重要。昨日のエントリー解説-

取引日記

こんにちはCarcanoです。

今週もあっという間に金曜日ですね。

今週はいかがだったでしょうか?

私はチャンスも少なく、狙ったポイントまであと数pipsというところで折り返されたりと

なかなか厳しい週となりました。

今回の記事では、昨日Twitterで告知していたポイントの解説をしていこうと思います。

まぁ今までとやってることは変わりないので、

またこのパターンかという感じになるとは思いますが・・・(笑)

参考にしていただけたら幸いです。

エントリー解説

 

まずはGBP/JPYの解説から。

このシーンは直近のレンジをブレイクし大きく動いた場面でした。

私はいつも通りこのような場面を多くねらっているので、よしっ!となってました笑

直近ブレイク後意識されそうなラインに向かっていますが私はそのラインでは入りません。

なぜかはブレイクさせた心理、ブレイクした心理、その時の状態を考えれば少し見えてくると思います。

私の認識では、ブレイク後はどこまで行きたいかわからない。なのでまずは様子を見る。という事をしています。

どこまで行きたいか見えてからでも全然遅くはないのです。

ブレイク後っていうのはオシレーター系のインジケーターも反応しやすく

お!買われすぎた、売られすぎたと言い、入ってしまう人が多いのだと思っています。

オシレーター系の人もまず一度待ってから再度水準に達したときに入るだけでも勝率は上がります。

このエントリーではというより、私の主なエントリーは、

行きたい場所が見えてから、もっかいここまで行こうぜ!となってる所(オシレーターも正常に反応しやすい所)で入るといった感じですね。

 

 

続きましてUSD/JPY。

こちらもGBP/JPYと見方はほぼ同じです。

ライントレードではありません。基本的に入りたい場所にライン引いているだけです。

私のポイントを見返していただければわかると思いますが。。

ただクロス円は動きに注意が必要なので相関にも注意です!

 

勝ち続けていくためにはまず自分が勝っている時の波形、角度・陰線陽線のバランスなどを見てみて

共通点を探してみると良いかもしれません。

その中から自分の得意な波形やパターンを少しずつインプットして自分の中にストックしていきましょう。

また、負けのパターンも同様です。

二度と同じ負けをしないためにも負けからもしっかりと学びましょう。

なぜ負けたのかしっかり隅々まで言語化することで成長していけるはずです。

負けてもいいが同じ負けは繰り返すな!これを頭の片隅に置いておいていただけると良いかと思います。

 

なぜ私がエントリーのポイントを挙げているのか、

これは私自身の確認ためでもあり、いま勝てずに苦しんでいる人に、

相場は見方が変われば面白いよという事をお伝えできればと思いブログで発信することを始めてみました。

本気で向き合い勉強して何か掴みかけているけど・・・

そんな方たちのお役に立てたなら幸いです。

 

ということでこんな私でよければ、

答えられる範囲でエントリーの添削なんかもしようかと思いますので

Twitterフォローしていただけるとありがたいです。

バックテストの講義を優先的に対応してますので

遅れてしまうかもしれませんが、フォローワーもまだ1桁なので大丈夫でしょう笑

それでは皆さん本日も気を抜かず最後までトレードしていきましょう!

それではまた次回!

 

 

 

【定期】

エントリー箇所などの質問、自身のエントリー箇所に対する意見が欲しい方は

TwitterのDMまでお願い致します。

私の目線でしかお答えできませんが、その中でお答えできたらと思っております。

その他記事のリクエストなんかも受け付けてますのでリクエストがあればどうぞ。

記事下にあるTwitterアイコンボタンを押していただければ私のTwitterに飛びます。

 

お仕事の依頼、バックテスト講座に関するお問い合わせは下記ココナラのリンクよりお願い致します。

バイナリー・FX バックテストの取り方教えます 初心者の方でも必ず取れるようになります!(残り1枠)|バイナリーオプションの相談 | ココナラ
【本講座内容】 ・ソースコードを配布と動画による解説 ・24hチャットでの質問受付。(寝ている時は対応不可能です笑) ・「基本的なインジケータを使用してバックテスト...

 

取引日記
Carcanoをフォローする
底辺トレーダーによる バイナリーオプション FX 奮闘記

コメント