バイナリーオプション取引日記【6】-昨日のTwitterでのポイント解説-

取引日記

こんにちはCarcanoです。

昨日は相場が良く動いてくれて個人的にはやりやすい1日でした。

急激に動かれると苦手という方が多いかと思いますが、私は大好物です(笑)

昨日TwitterにてEUR/AUD残り1分ですと、エントリーした旨のツイートをしましたが、

今回はそちらのポイントの解説をしていこうかと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

エントリー解説

 

このシーンでの考えと懸念点

 

画像に書き忘れましたが縦線が判定時間です。

ここのシーンは割と意識されていたトレンドラインを上にブレイクしたところから私は見始めました。

ということは心理的に買い目線であること。

それを踏まえたうえで買い勢がどこで利確したいのかを見ていくことになります。

それが見れて初めて次で狙えるといった感じです。

今回のエントリーの懸念点としては、資格で囲んだ部分で陰線ができてしまったこと、

そのため、もう一段深く来る可能性がありましたが、

それを見越し、深いところまで来た場合は再度判定ずらしで打ち込もうと考え

もともと狙っていたポイントでのエントリーをしました。

あ、ちなみにラインは引いてますがエントリーしたいところに引いただけで、

ラインがあったから入ったわけではありません。

 

相場は起きた事実をもとに動く

 

個人的にはそう思っています。

ということはよくわからないものはどこまで行くかわからないので触らないほうが良くて、

はっきりしているところ(心理的に効力があるところ)で勝負していった方がいいのです。

心理的に働きやすい所はどこか、それは

前提がしっかりしているところです。

買い目線なら、買い勢がここで利確したいよ!と示してくれるのを待つ。ただそれだけです。

売り目線でも考えは同じです。

売り勢がここで利確しまーす!というのを示して初めて、オッケーわかった!となるわけです。

オシレーター系を使っている人たちはこの、心理が見えるまで待つという作業をするだけで勝率は上がります。

適切に買われすぎたポイント売られすぎたポイントまで待つこと、

単純に数値が買われすぎ売られすぎの水準に達したからと言ってはいるのではなく、

ローソク足に注目し、心理が見えるか考えてからでも全然間に合いますので、是非実践してみてください!

 

今後ツイッターで気が向けば今回みたく、見ているところをつぶやくかもしれないので

気になっている方は更新通知も届きますので、フォローの方お願い致します。

これについて記事書いてほしいなど、リクエストなんかもあればDMにて。

下記のTwitterアイコンボタンから飛べます!

 

PS : バックテストの講義性も随時受付中です。(マンツーマンのため人数限定、残り4枠)

興味のある方・トレードで役に立つプログラミング・思考法・言語化の仕方を学びたい方は

下記リンクよりお問い合わせください!

バイナリー・FX バックテストの取り方教えます 初心者の方でも必ず取れるようになります!(残り3枠)|バイナリーオプションの相談 | ココナラ
おかげさまで初期の価格での提供5枠は終了しました! 以降は、初期に手に取っていただけた生徒さんとの差別化を図るためにも値段の方は少しあげさせていただきます。今回は現在の...

 

それではまた次回!

取引日記
Carcanoをフォローする
底辺トレーダーによる バイナリーオプション FX 奮闘記

コメント