バイナリーオプション取引日記【1】-手法公開-

取引日記

こんにちはCarcanoです。

今回は私が普段どのようなことを考えながら取引しているのか、

その一部を公開したいと思います。

私自身は依頼のあったコード書きながら、Youtubeを楽しんでおり画面を塞いでいたため

見逃してしまった箇所ではありますが・・・

参考になりそうなポイントがありましたので、共有したいと思います。

あくまで私自身の目線ですので、この目線が正しいかどうかはわかりません。

毎日ただただエントリーするのではなく、細部までしっかりと考えを巡らせる事。

エントリーする前に、このくらい考えることがあるんだよということを

1つ皆さんの参考になればと思い公開します。

バイナリーオプション取引日記【1】

 

皆さんは取引日記は付けていますでしょうか?

私の場合、見逃したポイントもスクショを取り、その時の相場の状態等

読み取れる箇所はすべて書き込むようにしています。

あとから見返したときにしっかりと言語化出ているかも確認できますし、

土日にしっかりと振り返りもできます。

ただ取るだけでは意味がないですが・・・

取ってそこに何をかけるかが重要です。

取引日記公開

 

それでは私が実際にどのくらい書き込んでいるのかお見せします。

 

 

まず私が普段何を意識しているか。

それはズバリ、ローソク足です。

ローソク足の大きさ、波形、周期、等からトレーダーの心理を読みチャートを見ています。

逆張りトレーダーであれば、その日の反発の仕方等クセを把握してから取引を行うと思うのですが、

それをローソク足から読み取るイメージです。

 

上の画像は昨日の見逃したところを分析したものになります。

エントリーする際は最低でもこのくらいの言語化作業は必要だと思っています。

少し解説すると、エントリーできるポイントは、ラインがあったわけでもありません。

しかしながらそれまでのローソク足を見ればどこを目指しているのか把握することができました。

 

ライントレード1つとっても、ローソク足から情報を読み取ることができれば

そのラインで入れるプライスアクションと

入ってはいけないプライスアクションが見分けられると考えています。

ただただ意識されているからラインで入るというのは個人的には危険で、

到達するまでの状態が大事だと思っています。

 

また、バックテストを取りまっくた結果、インジがどのような状態にあるかも

分かってくるようになりました。

インジケーターはその性質上、あくまで自転車の補助輪的な存在だと思っております。

インジケーターを正しく理解し、検証を重ねることで

その補助輪は外れていき、相場の本質に気が付くでしょう。

 

今回は少し短いですがこの辺りで。

 

質問等はツイッターまたはお問い合わせよりお願い致します。

 

バックテストの講座も出品しております。

下記リンクよりお問い合わせ下さい。

バイナリー・FX バックテストの取り方教えます 初心者の方でも必ず取れるようになります!(残り1枠)|バイナリーオプションの相談 | ココナラ
【本講座内容】 ・ソースコードを配布と動画による解説 ・24hチャットでの質問受付。(寝ている時は対応不可能です笑) ・「基本的なインジケータを使用してバックテスト...

 

それではまた次回!

 

取引日記
Carcanoをフォローする
底辺トレーダーによる バイナリーオプション FX 奮闘記

コメント